記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフレ女子を卒業して社会に出る人たちへ

こんなブログを運営していてどの口がそれを言うかと思う人も多いと思います。
もしかしたら読むと胸糞悪くなる人もいると思うので楽しく働いている人、リフレ大好きなお客さん、経営者の方や店舗スタッフの皆様は読まないほうが良いかと思います。
あくまで、リフレの卒業を考えている人、もう卒業する人に向けてのメッセージです。
多くのリフレ女子は、体は売ってなくても、自分の心を切り売りしてお金を稼いでいると思います。
知らない男の人と一緒にハグしたり添い寝したり、お散歩して数千円から数万円貰えるなんて普通はあり得ない。
若さを売っていると言われればそこに需要があるからビジネスが成り立つ。
これが、成立するのだから今さら時給900円とかのアルバイトなんてできない人も多いと思う。
でもそれは永遠じゃない。
多くのリフレ女子はそれを理解しているとは思う。
この春リフレを辞めて普通の会社に就職するするリフレ女子も多いだろう。
しかしお給料はリフレ女子として1週間も働けばOLの月給と変わらないだけ稼ぐことも可能だ。
会社では拘束時間も長く、人付き合いもある。
決まった時間に出社もしないといけない。
リフレの仕事が楽かと言われたらそうではないと思うけど普通に働いていたら豪華なプレゼント貰ったり、普段行かない所に食事に行く…そんなことは基本ない。
リフレ女子としてプレゼントだったり、食事だったり行くことで段々それが当たり前に思えて来る子もいるだろう。
そのことに関して感謝している女子もいる、そしてそれで救われている女子もいるのは確かだ。
リフレ女子自身良い食事だったりを望んでそこに連れて行って欲しいって言ってない。
客が勝手に連れて行ってると言うのもわかる。
客がリフレ女子に見栄を張りたいのか、はたまた気を引きたいのか、他の客への対抗心なのか、その全部なのか。
それはわからない。
でも、そういう生活に慣れるに従い少しずつ感謝する心を失うリフレ女子もいる。
実は、リフレ女子本人は気づいていないだけでその気持ちを金に換えているのではないか。
人はお金を貰う時自分の中にある「なにか」とその引き換えに報酬を得ている。
「高い報酬=価値がある」というのは誤解である。
ちょうど今一時的に備えている属性が世間の中で「ニーズがある」という事実以上の意味はない。
リフレ女子の場合は若さや美貌と言ったところか。
お客さんがリフレ女子への金払いがいいことだったり、先輩社員が後輩に社員に奢るのもそこに価値があるからでも、将来に見込みがあるからでもない。
今ある「特定の属性によるニーズ」に群がっているだけだ。
この事実に気付かず、ただ報酬を受け取り続けているといつの日か、リフレ女子は自分の中にある換金できる「なにか」が底を尽きてくる。
また、その「なにか」が尽きた時ニーズもなくなる。
そうなると泥沼になる。
今の生活水準から落としたくない気持ちで自分の持つ「別のなにか」を大安売りし始め、「なにか」の減少が加速する。
それが裏だったり、風俗だったり。。
人間は転落し始めると、実にあっけない。
若さと勢いだけで稼げ無くなった時、ただの笑い話なんかじゃなくていつ自分に起こってもおかしくない話だと思って気を引き締めておかないといけないと思う。
つまんないけど稼げる仕事。
頑張っても収入が低い仕事。
思いがけない臨時収入。
世の中にはたくさんの仕事があってそれぞれでやる仕事に見合った報酬がある。
だけど自分の能力や価値から考えて本来稼げる額を超えてお金をもらっているとき人は心の中にある大切な「なにか」を失いそれに気づくことはない。
「お金を稼ぐって大変なんだな」ってことを本当の意味で理解し、日々の行動につなげている人はどれだけいるだろうか?
自分は、給料に見合うだけの大変さを感じているだろうか?
オチが無いし、余計なお世話だと思うかも知れない。
社会に出て、現実のギャップを知り、リフレに戻る。そんな事がないことを祈ります。
今日は休みだし予定がないから1日だけ店に遊びに行ってみようと思ったら黄色信号が灯った時。
卒業するのであればしっかり卒業することをオススメします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okyakudayo

Author:okyakudayo
リフレ業界の吟遊詩人サトリのブログです。
Twitter(@okyakudayo)にて面白いことを呟いていますがよく滑ります。
どちらかと言えば手数勝負のタイプです。
時々はまともなことも呟きますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。