記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独のリフレ 第7話 高田馬場てでぃどーる ふゆちゃん ~不変のいいところ~

孤独のリフレ 第7話 高田馬場てでぃどーる ふゆちゃん
今回のお店
高田馬場てでぃどーる
http://s.ameblo.jp/teddy-doll-ikb/
Twitter: @teddy_doll1402
今回の女の子
ふゆちゃん
Twitter: @huyu_teddydoll

孤独のリフレ割引
受付時孤独のリフレを見たで全コース1000円引。(5月末まで)
他の割引との併用可能



時代と共にスタイルは変わるものだ。
家電話が携帯になり、
写ルンですはデジカメになった。
そう。
フクロウも変わらなくてはいけない。
いつまでも会社に行く、上司がいないのを確認して萌えnaviを見る→家に帰るのループじゃダメ。
これでも数名の部下を持つ身だ。
誰?フクロウ含めて宴会要員の人間しかいない部署って言ったの誰?
そもそもあんたが役職者の会社って大丈夫って思ったの誰??
そう変わらなくてはいけないのだ。

そう、チェンジだ。
あ、デ○ヘルで気に入らない子が来たらするそれじゃないよ?
変革させる必要があるってこと。
これからは萌えnaviだけではなくたくさんのリフレブログなども視野に入れる事にしよう。


ってことでいつもと違うエリアを調べてリフレに行こう!
いつもと違うリフレに行こう!
新宿~新宿~
降り立ったのは新宿。
新宿ってあれでしょ?
神室町って街があってそこ行くと怖い人に絡まれて大変なことになったりするとこだよね。


という事で町の外れにあるホテルにチェックイン。





ただでさえアウェーな新宿。
お店も斬新なところをチョイス。





ということで今回のお店は高田馬場に構える派遣のリフレ。
「てでぃどーる」さん。
………
…………
……………
………………
……………………
…………………………
…………誰だ?
前にも行ってないかと言ったやつ出てこい!



あれは、池袋の店舗型のてでぃどーるさん!
わかる?
今回は派遣型で高田馬場のてでぃどーるさん!
違うの!
いつまでも同じことをしていてはダメとばかりに店舗型から派遣型に切り替わった。
切り替わった理由はわからないけどとにかくその決断は評価したい。
きっと、店長のイノッチのメガネも変わっているはず。
のび太くん眼鏡から変わっている筈だ。



RRRRR
RRRRR
RRRRR
??「高田馬場てでぃどーるです」
フクロウ「野比さんのお宅はこちらでよろしいですか?」
??「いえ、てでぃどーるです」
フクロウ「いや、だからイノッチでしょ?」
??「イノッ??あ、フクロウさんですか。」
フクロウ「ほら、やっぱりイノッチじゃん!派遣になったんだね。何?やっぱアレ?事務所での営業形態とか家賃で揉めた的な?」
イノッチ「いえいえ、違いますよ。今日はどの子にしますか??」
フクロウ「60分でコースと女の子はイノッチのセンスに任せた!」
イノッチ「えっ?あっ?はい」



店長とやり取りをして、その後ホテルにチェックインした後部屋番号を知らせる。




まだ



まだ



⊂⌒っ*-ω-)っZzz…




アレだよね。
派遣て待ってる間暇だよね。
ホテルってことはお風呂がある。
お風呂に入って1日の疲れでも癒すか。
いや、カラオケもあるしカラオケでフクロウのリサイタルでも開くか。
待ち時間にこんな楽しみ方ができるのも派遣ならでは。
よし、それだ。

春だしね!
こんな選曲も悪くない。

はーい、選曲にツッコミは無しだよー。
3曲ほど歌ったその時だった。


コンコン
お、きたきた



派遣型は女の子が来るまでのドキドキ感が楽しいけれど来るまでがね。
時間配分の難しいところ。


さあ、新たな女の子との出会いに期待してオープンザドア!






フクロウ「初め!…ません。…おっお久しぶりです。」



ということでやってきたのはお久しぶりのふゆちゃん!



うん、良いんだけどさ。
イノッチのやつ、無難に攻めてきたな。
前に入った子であれば大丈夫的なことを考えたな。
むしろありかなしかで言えば大有りなんだけどさ。
てっきりキャー初めまして~みたいなのを想像していたから拍子抜けしたよね。
でも、気心の知れたリフレ女子とこう派遣で会うのって何かこれはこれで





いいですねー





もう一度言ってもいいですか?




いいですねー




営業形態が変わり、お店が革新を遂げたとしても変わらない良さ。
これに尽きる。



ということでふゆちゃんに再会!
孤独のリフレでも初の再訪となるな。


やはり良い。
慣れた相手は気軽だ。



ふゆ「あ、これ店長が履いてくださいって言ってました」



彼女が取り出したのはアロマコース(60分8000円)の紙パンツだった。
あの野郎、女の子は定番を寄越してきてパンツだけはやたらと攻めてきやがる。



これ、店長が履いてください?


店長からアロマコースと伺ったのでこれ履いてくださいではなく、店長が履いてください?
イノッチの野郎、童貞なのはそういうことか。
そっちの趣味があったのか。
それなら仕方な…いわけがない。
ある意味派遣型になったのは正解だ。
店長に襲われずに済む。
マッサージを受けて振り返ったら店長とか軽くホラーだ。
イノッチの兄貴になるつもりはない。
トニセンでもカミセンでも攻めセンでも受けセンでもない。
攻めとか受けとかはググって各自で調べてね。
良い子は調べたらダメだよ!(`・ω・´)キリッ

思い返せば幼気な15歳の春に大学生くらいの男に告白をされたこともあったがあの時は本当に身の恐怖を感じたものだった。(実話)
もう、背後にその恐怖を感じることはない。
感じることはないからふゆちゃんと楽しい時間に興じよう。
そんなこんなで準備完了。


フクロウはかみのぱんつを装備した。




しかしこの紙パンツってやつは恥ずかしいものだな。


これも、イノッチの趣味か。。
あいつ、こんな趣味でもまだ22歳とかろくな大人にならないぞ。


…末恐ろしい。ダテにメガネをかけているわけではない。
噂によると店長のメガネは見た人の洋服が透けて見えるメガネだとか。。
女の子気をつけてー!
女の子逃げてー!



さあ、アロマコースを体験だ。
ふゆちゃんがカバンからローションを出した。



ローション?

コンビニチェーンみたいな名前をしているのとは裏腹にヌルヌルすべすべと男を魅了する魔の薬液。

よし、望むところだ。


背中に冷たくてヌルヌルした物体がかかる。
背中から脚へヌルヌルが移る。
ヌルヌルを堪能していると今度は仰向けになるように言われる。
仰向けになると今度はふゆちゃんの手がフクロウの身体を縦横無尽に動き回る。
ローションのヌルヌルが相まってポンタカードならぬポン○ガードの紙パンツが今にも破けそうだ。
そして、やがてふゆちゃんの手がフクロウの身体に触れる。



あっ



あっ



あっ



そこは



ンギモヂッッ
ギモヂィイァ


そんな彼女の指はまるでスケートリンクを縦横無尽に動くフィギュアスケート選手みたいだ。




これはいい



リフレ店時代には無かったコースという事もあり非常に新鮮だ。



そんなこんなで非常に楽しい時間を過ごせた。


電話でしか店長を弄れなくなったのは非常に残念だが、リフレには店長に会いに行くのではない。
たくさんの新人リフレ女子が入店している。
派遣という事で効率も悪くなり回転も落ちるデメリットがある。
それでも敢えて時代の流れに反応し派遣という道を選んだてでぃどーるさんに注目していきたい。
私ももっと効率良く会社でリフレを物色し通いたいものだ。


フクロウ~フクロウ~あっきっはっばら~♫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okyakudayo

Author:okyakudayo
リフレ業界の吟遊詩人サトリのブログです。
Twitter(@okyakudayo)にて面白いことを呟いていますがよく滑ります。
どちらかと言えば手数勝負のタイプです。
時々はまともなことも呟きますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。