記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【寄稿】newりんたろう潜入レポート

どーも、初めまして。
newりんたろうと言います。
萌本WEBが縁で萌本WEBや本ブログで掲載の『孤独のリフレ』でおなじみの秋葉フクロウさん、『サトリフレ総研』や『リフ女口説き飯』などでおなじみの本ブログ管理人サトリさんから寄稿の話をいただきました。
以後お見知り置きを。


今回は異色のお店をチョイス。
普通の記事を寄稿しても面白くない。
りんたろうなりの個性を出したい。
パンチを効かせた店舗はないか?
そう考えていた時、サトリさんがアンケートで「気になるお店はどこ?」とデータをとっていた。

その中で最も回答率が低いお店こそ、潜入するに相応しい店舗ではないかと言う考えに至った。

回答率が低い=読者さんの興味がない。

即ちかのブログで一番低い回答をしている店舗の内容を記事にして、それをを読んだ読者が「行ってみたい」そう思わせることができれば勝ちなのではないか?

フリーライター歴20年になる。

昔は雑誌や風俗情報誌などに記事を書いて世の男性達の下半身を疼かせて来ていると言う自負がある。
ここは、力の見せ所ということで今年オープンしたコンセプトの派遣型のお店「生意気ドS女子校生」。
ここに潜入することにした。


店名=『生意気ドS女子校生
業態=派遣型
日時=6月上旬夜
場所=派遣型のためホテル利用
料金=60分 16000円(コース+指名料金。)※別途ホテル代とオプション代がプラスα
HP:http://s.ameblo.jp/nmikds/
女の子:かれんちゃん
備考:かれんちゃんを電話予約時「潜入レポート見た」でオプション3000円分割引。
初回、本指名ともに1回有効。
利用方法:
①予約の架電
②コースと女の子決定後、池袋東口ホテルにチェックイン。
③部屋番号確定後お店に入電し、あとは待つべし。
④女の子入室後コース代+オプションを決定しタイマースタート
レポート:
お店は池袋の「生意気ドS女子校生」。
ジャンルは正直何と言うか説明しづらいが派遣型コンセプトリフレと呼べば良いだろうか。
この店は在籍している女の子が全員ドS。
そして、店名に「女子校生」を謳っていることで若姫揃いだ。
何よりすごいのが女の子のドSっぷりが徹底しているとの専らの評判だ。
このりんたろう、特段Mというわけではない。
しかし、Mでない人もいつしか病みつきになるとのことだ。
それなのであれば是非とも話のネタにチャレンジだ。
失敗したらその話をツマミに酒をやればいい。
まずは、女の子選びだ。
ここは重要である。
この先のプレイが楽しいものになるかを左右するファクターだ。
ドSとコンセプトを打ち出していることもある。
どうせなら、一番キツい子に入ってみるのも良い。
余談だが、私はぽっちゃりさんがとにかく苦手だ。
そこで普段は「ボーダー58」なる指標を提唱している。
ぽっちゃりの女の子とそうでない女の子のウエスト表記には境界線があり、それが58という表記だ。
ぽっちゃりさんを引き当てたくない人はそれ以下を、引き当てたい人はそれ以上のウエストサイズの子を選べば高確率で的中することからそう呼んできた。

ただ、今回はあくまでドSを求めている。
求めているものがあるので今日はそのボーダー58の拘りを捨てて女の子選びを行う。

本日の出勤から最もキツそうな女の子を選ぼうとお店のブログを物色。
女の子の記載に☆マークでS度を示唆している。星の数が多いほどその女の子はドSというわけだ。
なるほど。
その辺りの対応はドSではないらしい。
出勤リストの女の子を選んでいると、☆×2や3とある中、ひときわ目立つ☆×5。



それがこの店の看板娘「かれん」ちゃんだ。

これはもうこの子を選ぶしかない。
かれんちゃんの予約を確保すべく店舗に電話。
まだ、時間は18時過ぎだというのに既に最終枠しか取れない。
さすが看板娘。

何とか最終枠を押さえ池袋東口のホテルにチェックイン。

部屋番号を伝え待つこと30分…。
人気が故に時間が押しているんだろう。
こういったケースもあるため部屋は少し長めにとっておくことをお勧めする。
ラブホテルを使う場合は休憩時間は約3時間。
それで入ればほとんど問題がない。

ホテルでテレビを見ているとノックする音が。
部屋を開けたらそこに看板娘のかれんちゃんが。

扉を開け「どうぞ」と招き入れようとした瞬間、「遅えよ。何してたんだよ」といきなりのジャブ。
さすがドS店と名乗るだけはあるなと、徹底ぶりに感心。
確かに招き入れる前にタバコを吸っており、部屋のノックを聞いてタバコを消したためちょっと手間取ったのは否めない。
だが待たせたのは数秒だ。
それすら許さないかれんちゃんのドSっぷり。
これから先のプレイが楽しみになってきた。
部屋に入るとかれんちゃんはカバンからぶっきらぼうにメニュー表を出して「コースとオプション決めなよ」と言った。

一通りメニューを見たところリフレ店にありがちなオプションなどそこには存在しない。
ここでは到底お見せできない内容だ。
▲▲放題や、□□放題を始めかなりお客心理をくすぐるオプションもある。
真性のMには堪らないだろう。
勿論M体験をしてみたい、そんなお客さんも楽しめるオプションも充実している。
メニューに何が書かれているか?
真実は自身の目で確認してもらいたい。

どうせならドSを存分に味わおうという事で60分のMコースと、オプション○×△をチョイス。

《プレイ開始》

まずは自分彼女の容姿から。
タイプ的にはギャル。
池袋を歩いていると見かけるようなギャル。
ギャルなのだが不潔さもなく、かわいらしさや若姫特有の幼さも残っており本当に街で遊んでいるJKとホテルに来たような錯覚を起こさせる。
見た目的には可愛い系と言うより綺麗系。
スタイルは大きな胸でもあるが引っ込むところは引っ込んでおり非常にスタイルが良い。

その女の子の衣装も制服の他、下着でも対応が可能なようだ。

下着にも惹かれたが、今日はお店のコンセプトに従ってより臨場感を楽しむために制服にしておこう。

余談だが下着コースはオプションで+3000円になる。

コースとオプションが決まるとかれんちゃんは紙パンツを渡しシャワーを浴びるよう促す。

シャワーを浴び出てくると、制服に着替えたかれんちゃんが待っていた。
まさに池袋の街中で見かけるJKそのものだ。

かれんちゃんはカバンから数々のアイテムを取り出し「目隠しと手錠はつける?」そう言うとイタズラっ子のようにニコッと笑った。

ぱっと見キツそうな印象なのだが、この時折見せる彼女の笑顔が堪らなく良い。

圧迫感と解放感と言うか、キツそうなドSの中にちょいちょい笑顔を混えることでプレイに緩急が産まれるのだ。

この圧迫感と解放感を意図して使っているのであれば末恐ろしい女性になる素質を秘めていると感じるし、意図して使っている訳でないのであればとんでもない逸材だ。

《足踏みリフレ》
まずは足踏みリフレ。
横になった私の胸や顔、背中などを踏みつける。

当然踏みつける時に彼女の下着が目に入る。
そんな私の心境を察したのか彼女が口を開く。

「どこ見てるの?そんなに私のパンツが気になるの?」
「そんなにパンツ見たいの?変態だね」

そう言うと彼女は足で私の紙パンツに覆われた下半身を軽く踏みつけた。

「まだ触ってないのに固くなってる。本当スケベだね」

そう言うとまたイタズラっ子のような笑みを浮かべた。

《指で色々?》
一通り足踏みリフレを行うと今度は横に来て指で色々な箇所を弄り始めた。
弄り始め私の反応が良いところを見つけると

「ここ触られるのが好きなの?」
と問いかけ、
「返事しないともう触らないよ」
と言い、私に恥ずかしいことを言わせるように持ってくる。
それでも返事をためらっていると耳元でかれんちゃんが囁いた。

「ちゃんと良い子にしてたら、後でご褒美あげる」


《顔面騎乗》
ご褒美?
それが何かを理解したのは数分後だった。
彼女は私の顔の前に跨って、私の顔に座ってきたのだ。

最初は表向きに、続いて後ろ向きに。
満遍なく顔面騎乗をしてくれる。
この顔面騎乗を体験したいがため愛知や関西からワザワザ同店に訪れるお客さんもいるらしい。
詳しい内容はここでは伏せておくが、遠方からわざわざ来店するお客さんがいるだけのことはある。
面前に迫ってくる下半身に触れようとすると勿論ここでも厳しい一言。
「何触ろうとしてるの?今支配しているのは私なの。私の言うことを聞かないともう気持ちよくしてあげないよ」と言葉責めも抜かりはない。

後ろ向きの顔面騎乗開始時にはローションも使い始め先ほど聞き出した私の性感帯を優しく、激しく刺激する。


《フィニッシュ》
「体がピクピクしてるよ?そんなに気持ちが良いの?」
「本当スケベなんだね」
「若い女の子に罵られて気持ちよくなるってどう言う気持ちなの?」
「何ビクビク感じてるんだよ。この変態。」
「♡☆&#@♪♡☆℃+=?♡!☆♡→♪:♡」(想像にまかせます。)

プレイをしながら、反応を見て言葉責めを挟んでくる。

さらに私が感じているのを上から見下ろし強弱をつけつつ状況を楽しんでいるようだ。

「まだ○しちゃダメ、○したくなったらちゃんと言えよ。でも、私が良いっていうまではガマンしろよ」
脳内を破壊する言葉を次々投げかけつつ刺激してくる。
私のガマンが限界に達しそうになりその旨を伝えると彼女は手の動きを緩めるどころかイタズラっ子の笑みを浮かべ手を加速させて更に言葉責めをしてきた。
「まだ○しちゃダメだからね。ほら、ガマンしなきゃ。男の子でしょ?気持ちよくてもガマンできるよね?」

彼女は手の動きを早め言葉責めも加わり私は最高潮に達した。
「男のくせにガマンできなかったの?」
と、罵りつつもかれんちゃんは私に聞こえるか聞こえないかの声の大きさで「かわいい」と呟き、私を胸に引き寄せぎゅっと抱きしめた。

《最後に》
彼女は男性の感じている姿を見るのが好きなようだ。
それを見ていると愛おしくなるらしい。

帰り際、彼女は「気持ちよくさせてあげるからまた呼んでよね。かれんなしでは生きられなくなるくらいにしてあげる。」と言い手を振ると街の雑踏へ消えていった。

私は別にMではないが、生意気でドSの女の子に接客して貰う非日常的なシチュエーションと言う新境地という点では非常に楽しめる。

◆総評◆(★5つで満点)
りんたろう的オススメ度=★★★☆☆
個人的には責められるより責める方が好きなので。
お店=★★★★☆
女子のプロフィールに偽りなし。
徹底したドSさ加減に感心した。
女の子=★★★★☆
ギャル。
若いギャルが好きというお客さんにはピッタリ。
他府県からの来店もあると言う人気嬢。
言葉責めはこれからもっと磨きをかけたいと言っているが飴と鞭を使い分ける術に天性の素質を感じる。
体験レポートは標準語で書いているが、彼女は方言で話す。
方言による言葉責め。
このシチュエーションはなかなか体験できない。
プロフィール
名前:かれん
年齢:18
Twitter:@krn0318
趣味:お前みたいなMを調教すること
貰って嬉しいプレゼント:恍惚とした表情を見せてくれたら満足
彼氏は?:教えねーよ
好きな男性のタイプ:かれんだけを見てかれんに完全服従する男
得意なオプション:苦手なものがあると思ってるの?
デートで行きたいところ:SMルームがあるラブホ

設備=★★★☆☆
東口のホテル。
料金(コスパ)=★★★☆☆
オプションを多数つけると結構いい額になる。基本のコースだけでも充分楽しめる。他にないジャンルと言う強みがある。
総合評価=★★★★☆
3+かれんちゃんの素質に1を加え4点。
◆感想◆
コンセプトが斬新。
SMクラブにリフレやオナクラの要素を足して割ったタイプの新感覚店舗。
女の子によりできる、できないのオプションはあるものの、他では味わえない非日常的な体験ができる。
Mの人は絶対に行くべき。と言いたいがそうじゃない人にも一度は体験しておいて損はないと言える。
ただ、若い子に言葉責めをされたいという欲求があるレベルの人でも充分通いたくなる要素はある。
方言+言葉責め+評判の顔面騎乗+18歳+飴と鞭のコンボは強烈。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okyakudayo

Author:okyakudayo
リフレ業界の吟遊詩人サトリのブログです。
Twitter(@okyakudayo)にて面白いことを呟いていますがよく滑ります。
どちらかと言えば手数勝負のタイプです。
時々はまともなことも呟きますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。