記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独のリフレ 第2期第4話~恋愛リフレこいがく~

今回のお店:恋愛リフレこいがく
HP:http://koig.net/sp/
今回の女の子:かすみちゃん

コース:恋愛リフレコース30分5500円(コース+指名+オプション代)
割引:かすみちゃん指名時に「孤独のリフレ」を見た」と言ってもらえたら30分では体験できない背中マッサージを+1000円で体験できる。
特徴:テイストは明るめのリフレ店。学校がコンセプトになっているだけあって店内は学校を意識した細かい設定が用意されている。
他のリフレ店より広くゆったりした部屋構成。
女の子のレベルは全体的に高め。


~キーンコーンカーンコーン~
懐かしい。
かれこれ○×年ぶりだ。
今回母校で同窓会が開かれた。
懐かしい顔ぶれ。
みんなおっさんやおばさんになっても同級生と顔を合わせたら皆高校時代にタイムスリップする。
しかし、フクロウさんの周りは昔から男連中しか集まらない。
どうやら女子にはモテないのは宿命らしい。
ケンシロウが北斗神拳の伝承者として宿命を背負ったようにフクロウさんにも女子にモテない神拳の伝承者としての宿命があるらしい。
とはいえ懐かしい話に花を咲かせるのは悪くない。
自分がすっかり忘れていたことを他の人が覚えていて笑い話になったり…。
フクロウさん部活の合宿で目が覚めたら女子部の部屋で寝ていた事件なんてとっくの昔に忘れていた。
男子部女子部の合同合宿で夜女子の部屋で怪談話をしている時寝てしまい女子たちもそのまま寝かせてくれたのだ。
今の時代なら確実に1時間2万円は取られてしまうシチュエーション…
修学旅行でフクロウさんは友達とホテルを脱走し、バレて最終日でなければ強制送還になっていた話とか(もっとも最終日はバスから出ることすら許されなかったんですけどねー)、担任の家の近くでキャンプをしていたらどこで聞きつけたのかテントに担任が怒鳴り込んできたりとか、授業サボるのに空席で出欠を取っていることに気づき机と椅子をベランダに隠し授業をサボってたらやっぱりバレてしまったとか…

懐かしいねー。
成長してないねー
そんな話をしていると今度は近況報告に。
やれ、年収が1000万いった(フクロウさん話に混じれず苦笑い)とか、結婚して…(フクロウさん話に混じれず苦笑い)とか、今度課長に(頭が薄い上司が課長から出世しないから万年係長止まりのため話に混じれず苦笑い)とか…どうも話題が居心地悪い。
一緒に机をベランダに隠した友達なんて実家の家業を継ぎカイエンなんて乗ってきたり(フクロウさんはレンタカーのため話に混じれず苦笑い)世の中不条理だ。
…周りからフェードアウトしトイレにでも行こう。
トイレを済ませて辺りを見るとそこはやはり懐かしい学校。
色々な思い出が蘇って来た。

フクロウ「久しぶりに学校探検してみるか」

部室や体育館を見て回り老朽化はしたものの変わらない景色に一安心。
続いて教室を見てみよう。


そう言えば高校の時、放課後の教室に当時好きだったA子ちゃんを呼び出して告白したなー。
A子ちゃんは本名も読みは同じだ石○さとみ似でバスケ部でもクラスでもアイドル的な人気を誇っていた。

フクロウさんとは何故か馬が合い、いつしかフクロウさんは彼女のとが好きになっていた。
フクロウさんのキレッキレのギャグには必ず笑ってくれた。
フクロウさんは彼女に笑われるを笑わせることにいつも全力を尽くしていた。
そんな大好きだったA子ちゃんに告白した場所が3年3組の教室なのだ。
合宿女の子の布団で添い寝事件の相手もA子ちゃんの布団だったからなんだよなー。
…とまあそんな甘酸っぱい思い出に浸りながら廊下を歩く。
今は夜の新橋で飲んだくれて口の中が胃液で酸っぱ…
3年3組の教室に到着。
教室の戸を開けるとそこには…A子がなんてドラマみたいな、植物図鑑みたいな展開があるわけ…いた。
A子「あれ?フクロウくん?久しぶり!」
フクロウ「こんな教室で何やってるの?」

まさかだ。

こんなドラマみたいなシチュエーションなかなかない。

まるで誰か都合の良いことを書いたブログのようだ
A子は高校卒業後海外の大学に留学した。
そのため今まで同窓会にも来ていなかったのだ。
A子「フクロウくんこそどうしたの?」
フクロウ「いや、年収から私生活にいたるまで完封負けして居づらくなったからちょっと懐かしいなって思って探検」
A子「ふふっ、相変わらずね。マイペースなところも変わってない。私も思い出巡りでついここに来ちゃった。特にこの教室は私にとって思い入れの強い場所なんだ。」

はーいストーップ!

思い出?
今思い入れの強い場所って言ったよね??
巻き戻し巻き戻し。
もっかい再生するよー。
A子「ふふっ、相変わらずね。マイペースなところも変わってない。私も思い出巡りでついここに来ちゃった。特にこの教室は私にとって思い入れの強い場所なんだ。

言ってるよね!
A子は覚えていてくれていたのか?
このクラスだったからなのか?
それともフクロウさんとの思い出なのか??
フクロウさんだとしたらこの場所を大切に思ってくれているのか?
あれからかなりの月日が経っている。

結婚は?
子供は?
今どこに住んでるの??
聞いてみたい。
フクロウ「…あのさ、」

言いかけた時教室のドアが開く。

??「おー、フクロウここにいたのか!もう同窓会終わって二次会に皆移動してるぞ」
フクロウ「お、おう。行くか。」
そう返事をするとA子に「二次会で」と告げ教室を後にした。

??「フクロウ、お前あんなところで何してたんだ?」

A子は二次会にはいなかった。
結局、肝心な事を聞けずに同窓会は終わりを告げた。
翌日の新幹線、東京に帰る道中、東京に帰ってきてもどうにもモヤモヤした気持ちが抜けない。

気分直しにダイビングで使う防水のデジカメを探すため電気の街、略して「電マ」の秋葉原で降りる。
まあ、ダイビングしないんだけどね
デジカメの見物もそこそこに街をプラプラした時だった。
恋愛リフレ「こいがく」の前にいた。
あの高校時代の甘酸っぱい気分を癒してくれそうなコンセプトのリフレだ。
実はこの店、女の子のレベルが全体的に高い。
フリーで行っても失敗のないフクロウさん秘蔵中の秘蔵店舗だ。
フクロウ「たのもー」
??「いらっしゃいませ」
…え?A子??
受付に出てきたのはA子と言うか石○さとみそっくりな女の子。

さすがのフクロウさんも狼狽えた。

??「今だと私しか案内できませんが大丈夫ですか?」

フクロウ「大丈夫も何も多分選べる状態でもきみを指名していたよ。A子ちゃん!」
??「A子!?…それから次ご予約のお客様がありますので30分コースのみになりますが大丈夫ですか?」

フクロウ「そうか。それは残念。それなら30分で。」

後ろがつかえてるのなら仕方ない。
ならその持ち時間全力で癒されたい。
と言うことで30分どう活かすか悩んだ挙句、このリフレの看板メニューである足湯につかれる恋コースに決定。
メニューとコースが決まればあとはこっちのもの。
全力で楽しむだけだ。
改めて紹介しよう。
彼女の名前はA子…じゃなかった、かすみちゃん。
可愛らしいルックスに清楚な感じの漂う石○さとみ似の美少女だ。
こんな子と楽しいひと時が過ごせると思うと胸ドキだ。
沖ドキはきついよねー。このネタ通用する人少ないよねー。

まずはお部屋。
この店は学校がコンセプトになっており部屋の番号も教室になっている。

いいですねえ。
学校感あって良いですねえ。
そして、部屋は奇しくも3年3組。
もうこれは偶然じゃない。
結婚するしかない。
でも教室に入ったらベッドって少しやっすい設定のAVに感じてしまうのはフクロウさんだけか??


かすみ「さっきA子って言ってたのは何だったんですか?」

フクロウ「ん?フクロウさんの青春の1ページってやつだよ。かすみちゃんに良く似たかわいい同級生がいてね。」

かすみ「彼女さんだ!どんな人だったの?」

フクロウ「かすみちゃんに似てて可愛くて男女問わず人気があって~以下略~」

まずは、リフレらしく手のマッサージから。
彼女はマッサージが得意。
確かに得意と言うだけあって上手だ。
女の子にしては珍しい力強さを持っている。

彼女は大学生。
一人旅が好きで良く出かけるらしい。
フクロウさんも旅行記好きの為意気投合。
世の中貴重な休みにサイコロ振って旅に出る人もいるくらいだしねー
話しに夢中になりながらもマッサージはしっかり続けてくれる。
手抜きはない。(意味深)
もう一度言おう。
手抜きはない(意味深)
続いてメインでもある足湯。
ラベンダーの匂いがするお湯を準備して足をつけるとマッサージをしてくれる。

マッサージしつつ美少女との会話。
癒し効果のあるてもみん的な感じかな。
マッサージ屋さんは施術師に失敗することもたくさんあるからね!特におっさんとかだと帰りたくなる。
どうせなら背中や腰もマッサージして欲しい。
ガチガチな体をふにゃふにゃに解してもらいたい。
よし、オプションを入れよう。
財布を見ると??

あれ?

お札さんたちが行方不明だ。。

どこ行ったの?

フクロウさんの福沢諭吉さん、どこ行ったのー?

フクロウ「背中と腰をふにゃふにゃにして欲しいんだけどお札が行方不明なのです。何故か野口英世さんが2人しかいなくなっちゃったんですぅ」

かすみ「そしたら簡単なので良ければ1000円のオプションで構わないよ。同級生に似てるらしいので。」

優しい。ええ子や。(シャレじゃない)
まるでA子や。
かわいいだけじゃなくこの子はええ子や。(もう一度。シャレじゃない)

彼氏はいるの?
→いません(*´-`)
好きな男性のタイプは?
→聞上手で安心できる人
趣味は?
→旅、食べること、寝ること、ものづくり(手芸や陶芸・アクセサリーづくりなど)、からだ動かすこと(滝修行や妖怪体操など)です♥
好きな食べ物は?
→フルーツです♥
集めているものは?
→きらきらしたもの✨
好きなオプションは?
→耳かきです🐱

マッサージが終わる頃、体も解れて心も癒された。
そして、A子にそっくりな美少女と過ごせて忘れていた高校時代を思い出した。

~帰り道~
ブーンブーン♪
携帯のSNSアプリにメッセージが届いた。
A子からだ。
A子【フクロウくん、同窓会お疲れ様。二次会出れなくてゴメンね。久しぶりにフクロウくんと話したかったんだけどね。でも、あの教室にフクロウくん来た時はビックリしたよ。高校の時告白してくれた時を思い出してたらフクロウくんが入ってきたんだもん。
あの時は留学とかあったからフクロウくんの告白断っちゃったけど本当はフクロウくんのことが好きだったから嬉しかったんだよ。高校の時のように友達に囲まれて面白いことをしている姿を見て安心したよ。また、同窓会の時に会って昔話ができたら良いね。】
彼女のページを開いたら幼い子供と旦那さんと出かけていて幸せそうな表情を見せている写真が映っていた。
携帯をポケットにしまい空を見上げる。
フクロウ「A子は幸せなんだな」
さて今日も良い天気だ。
青春の1ページは胸にしまって遊びに行くとするか。
彼女が好きだった秋葉フクロウで居続けよう。
それって成長してない…
重かった体も心もかすみちゃんに会って軽くなった気がした。
こいがく編 ~完~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okyakudayo

Author:okyakudayo
リフレ業界の吟遊詩人サトリのブログです。
Twitter(@okyakudayo)にて面白いことを呟いていますがよく滑ります。
どちらかと言えば手数勝負のタイプです。
時々はまともなことも呟きますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。