記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独のリフレ ~浜松町ディープエッセンシャル~

孤独のリフレ メンズエステ編
今回のお店:浜松町ディープエッセンシャル
Web:http://lilyroses.tokyo/
電話番号:03-6432-4224
セラピスト:大野そら
コース:90分エッセンシャルコース ネット指名総額18000円



子供の頃は水泳に明け暮れていた。
平泳ぎが得意で、関東大会にも出たこともあった。
北○康介の如く優勝した時「チョー気持ちいい」なんて言っていたものである。

忘年会シーズン、営業マンにとっては過酷なスケジュールだ。
お得意先の忘年会に呼ばれやりたくもない余興をやらされる。

それも社畜の運命とでも言おうか。

もうねえ、ピ○太郎とかしたくないのよ。
パー○ェクトヒューマンとか1人でやってもツラいだけなのよ。
とは言えド○キで買った衣装は充分に元を取ったと言っても良いだろう。

調子に乗って2次会、3次会。
気がついたら最終電車は終わり、始発までしばらくある。

さすがに野宿は…死ぬ。
この寒さは死ぬ。

身体も重い。
いや、太ってるからとかそう言うことじゃないんだからね!

マッサージで疲れた身体を癒してもらおう。

スマホで調べるとメンズエステが出て来た。

メンズエステ、それはフクロウさんにとっては未知の領域。

せっかくだ。

メンズエステの門を叩こうじゃないか。

どうやらシステムはお店に電話をして予約をした後に指定された場所に行く。
そう言うシステムらしい。

ブログの記事を見たりすると割と楽しげなサービスもあるらしい。

子供の頃うちで使っていたシャンプーと似たような名前なのも何か縁を感じる。

早速電話をして予約をする。

千鳥足ながらも無事に目的地にたどり着く

指定されたマンションの一室に入る。

エントランスで出迎えてくれたのはリフレ店にありがちな男性スタッフではなく女性。
しかも、対応してくれるセラピスト女子でもある「大野そら」さん。

ファーストインプレッションは笑顔が素敵。
貫地谷○ほりを若くした美人。

・ 

部屋に入り、上着をかけてもらう。

その後セラピストさんは退出し、紙パンツに履き替えてタオルを巻いて外に出てくるよう言って来た。

シャワー室はレンタルルームにあるようなシャワーのみのシャワー室だ。
とりあえず何があっても良いように念入りに体を洗う。
とりあえず洗う。
鼻歌を歌いながら洗う。

ソウル衣装と言っても良いだろう。
紙パンツを装備し出るとそらさんが待っていた。

そらさん:鼻歌を歌ってましたね。良いことでもあったんですか?

フクロウ:ふふっそれはキミに会ったからさ

なんて酔っ払いの掛け合いをして部屋に戻る。
その後いよいよ施術。
・ 

背面のマッサージ。

その後特に疲れていた箇所を聞かれたので全体的に満遍なくお願いをする。

マッサージ技術はよくわからないがすごく気持ちいい。

全体的に満遍なくマッサージをして貰ったあと、脚を開くように言われる。

脚を開くとなんと…そう、ギリギリのキワキワをマッサージしてくれるのだ。

しかもこの体勢、平泳ぎのそれだ。
フクロウさん、昔は平泳ぎの選手としてぶいぶい言わせていたけれど今はメンズエステで平泳ぎの体勢になりグイグイ責められている。
…母さん、僕はこの場所でマッサージを受けるために平泳ぎをしていたのかな?
…なんか生まれて来てごめんなさい。

いわゆる、鼠径部のマッサージというやつだ。
噂には聞いていたがこれほどとは。。

もうね、気持ちいい、チョー気持ちいい。
何も言えねー。

うひょー!
メンズエステええじゃないですか。
普段は若くて可愛い子に癒されているフクロウさんですけどメンズエステ最高!

もうね、生まれ変わったら鼠蹊部になりたいくらいですよ。

なんていうのかな、当たりそうで当たらない・・行くか戻るかみたいな?
なんか説明下手でごめんねー。

その刹那だった。
セラピストのそらさんが背中に覆いかぶさり、もたれかかる。

・・・これは良い。

リフレにはない新しい世界にフクロウさん戸惑いましたがこのようなサービス、良いですねえ。
すごく良いですねえ。

うつ伏せが終わると今度は仰向け。
もう気分は焼肉のカルビみたいなもんですよ。
焼けたらひっくり返す的な?

仰向けもまずは、マッサージからだ。

この時そらさんの顔が見える。

コレもいい。

そして、うつ伏せ同様仰向けでもお楽しみサービス。

またしても行っては帰る。
完璧だ。

そして、仰向けでも彼女は私に覆いかぶさって来る。
近い。
吐息を感じる。
未来永劫こうしていたい。
時間を止める能力を取得したい。

・・・。

そう思った矢先に時間となった。

時間終了後は、シャワー→着替え→ドリンクを飲みながら軽くお話。

焼肉の気分だったよと言ったけど不思議そうな顔をしていたよね。

 さて、始発を待って帰ろう。

そんな矢先だった。
取引先の○○商事の担当者からラインが来ている。

「ゴルフの迎え、ちょっと早くこれるか?練習したいんだが」

あ、取引先のコンペがあるの忘れ…。

フクロウ「…急いで準備して向かいます」
 ・



 
<評価>(五段階)
マッサージのうまさ:★★★★★
密着度:★★★★★
悶々度:★★★★
CP:★★★★
セラピストの容姿:★★★★★
癒し度:★★★★★
店内設備:★★★★
リピート:する
備考:メンズエステ初体験。これはクセになる理由がわかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okyakudayo

Author:okyakudayo
リフレ業界の吟遊詩人サトリのブログです。
Twitter(@okyakudayo)にて面白いことを呟いていますがよく滑ります。
どちらかと言えば手数勝負のタイプです。
時々はまともなことも呟きますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。