記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newりんたろう放浪記~僕の妹が…~

店舗:僕の妹が・・・
業種:派遣型リフレ
Web:http://www.bokunoimoutoga.com/top/
電話番号:080-8183-5778
対応:きき
コース:60分逆電マリフレコース
費用:コース代金12000円
別途オプション10000円
ホテル代3000円
 
 
所謂ライト風俗と呼ばれるジャンルがある。
オナクラ、メンズエステ、リフレ店もそれに該当すると言えばする。
オナクラやメンズエステはいい意味でも悪い意味でも形骸化しているが、リフレ店は最近様々な形態が生まれてきている。
特に派遣型リフレのコンセプト化が顕著にみられるようになった。
その中で気になって気になって仕方がないお店があり、ようやく潜入することができた。
そのお店とは・・・?
 
電マ。そう、あの電マだ。
 
10年ほど前に市場に登場し市民権を得た健康器具だ。
とは言え健康器具として使っている人は皆無と言っていいだろう。
健康器具を女性に当てるとものの見事にすごいリアクションを見せ一瞬で女性を葬ることができる快楽兵器としての知名度が圧倒的に高い。
その健康器具を好きに使うことができるっていうのだから、これを試したくなるというのが男の性だ。
健康器具として使うのか?それとも快楽兵器として使うのか?
 
それでは、レポートの前に利用方法を書いておこう。
①お店に予約の電話を入れる。この際コースが決まっていれば連絡をしておく。
②池袋エリアのレンタルルームかホテルへチェックイン。
③部屋番号が決まればお店に伝え女の子を待つ。
④女の子到着後プレイ開始
簡単に言えばこういう流れだ。
 
所謂デリヘル等と利用方法は同じといえばわかりやすいのではなかろうか。
まずお店に電話をする。
丁寧な対応だ。
これ小さいことだけど大事なこと。
丁寧な対応ではないお店は風俗店もリフレ店も地雷なお店が多い。
あくまでも主役は女の子だが、店舗型なら受付の対応、派遣型なら電話対応は利用する側としても対応如何でお店の品格を品定めするひとつのきっかけになるだろう。
 
まず、コースは逆電マリフレコース60分を発注
ホテルは池袋セントラルホテル。
部屋が決まり、店舗に電話をするとすぐに向かわせますとのこと。
部屋で一服しつつお店のホームページを見る。
コースをおさらい。電マを使い、女の子を攻撃することができるコースであり、おさわりをするには「逆リフレ」というオプションを追加する必要がある。
リフレはオプションを払ってなんぼ。
オプションを払うことで遊びの幅が大きく変わる。
これを良しとすべきか悪しとするかは意見が分かれるところだが個人的には「こういう楽しみ方」というところで捉えている。
オプションの交渉をするのもまた楽しみのひとつといえるだろう。
 
そうこうしていると部屋のチャイムが鳴る。
ドアを開けると「ききちゃん」が立っていた。
年齢は19歳。
 
リフレはまだJKビジネス全盛期からの経験者とのこと。
 
ビジュアル:★★★☆
おっとりしたギャル系。
 
スタイル:★★★★★
アンダー58(ウエスト表記)を掲げているりんたろう的にはドンピシャのスレンダーボディ
 
サービス:★★★~★★★★☆
自分から積極的に話しかけることができるお客さんにはおススメだが、自分から話しかけることが苦手なお客さんには少し時間が必要だと感じた。
ただ、受け答えはしっかりしており、サービスに手抜きはない。
〇〇してくれる?って聞くと要望には応えてくれる。
 
《レポート》
コース料金を支払いタイマーをスタート。
オプション表を見せてもらい色々なオプションがあったため、逆リフレを含めてNGなものがなければと1万円を渡す。
ダメなものがあれば都度言ってもらうような形をとった。
そして、無料オプションの彼シャツに着替えてもらい、問題の健康器具をききちゃんは取り出した。
健康器具の話をしていたら、「普通にマッサージで使っても気持ちがよい」というのでマッサージをしてもらう。
背中から腰にかけて健康器具を当ててもらう。
 
・・・なるほど。
・・・悪くない。
 
これは良い。
本来の使用目的として使っても良い。
良いのだがこれは女子を瞬殺する快楽兵器にという側面を持っている。
 
その威力…とくと試す時が来たのだ。
 
まずは、ききちゃんに寝てもらい電マという健康器具に電源を入れる。
まずは胸から。
まるで自分で意思をもったかのように揺れながら健康器具はききちゃんの胸回りを自由奔放に動き回る。
 
普通に寝ていたききちゃんは、そのうち足をくねくね動かし呼吸が荒くなってきた。
大きな声を出すタイプではないが、全体的に「感じやすい」タイプだ。
健康器具は腰から太ももへと動かしていく。
開いている片手で逆リフレをすると、それにも反応してくれる。
いよいよもって健康器具を一番敏感であるだろう個所を刺激する。
相変わらず大きな声は出さないがしっかり刺激には反応しているのを見て取れる。
健康器具の強度を調節しながら緩急をつけて刺激する。
両足に力が入っていたが、ピクピクっと反応し、腰をくねらせると力尽き荒く息をしている。
瞬殺の快楽兵器はやはり本当だった。
そして、疲れている中りんたろうにもリフレをしてもらう。
無理のない範囲でお願いするとぎこちないながらにも要望に応えてくれる。
なので、サービスというところでいくと献身的で良い子だ。
 
タイマーが鳴ってもしばらくサービスをしてくれる点も高評価。
 
<評価>(五段階)
接客:★★★
りんたろうはお話も好きなのでお話となると少し弱い部分がある。
オプション交渉:★★★★
対応は形式的ではないため自由度はかなり高い。
リフレ:★★★★
上手とは言えないが一生懸命。
CP:★★★
オプション込み、ホテル代があることを考慮すると安くはないが、値引きをしている時もあり。
容姿:★★☆
好みによりけり。
満たされ度:★★★
攻め好きには達成感がカナリ高いが攻められ好きにはコースによっては物足りないかも。
店内設備:ホテルのため割愛
再訪:★★★★
備考:コンセプトは非常に面白いので他の子にも入ってみたい。求人にも積極的なようでドンドン新しい子も増えているようだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okyakudayo

Author:okyakudayo
リフレ業界の吟遊詩人サトリのブログです。
Twitter(@okyakudayo)にて面白いことを呟いていますがよく滑ります。
どちらかと言えば手数勝負のタイプです。
時々はまともなことも呟きますよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。